Home>エクステンション(tag)  TotalPages3next

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。ご注意ください。

無料講習 フィボナッチ、テクニカルの真実 「テクニカルの真実」7/20夜8時〜です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。
Smileyプロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
Smiley楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Sat2011.04.02

ガートレー222パターン

 久しぶりにこのカテゴリーを更新です。ようやくガートレー222パターン。ハーモニックトレードの第1回でご紹介させていただいたように、このパターンは、1935年に出版されたH・M・ガートレー著の「プロフィット・イン・ザ・ストック・マーケット」の222ページに掲載されていたことからこう呼ばれるようになったようです。現在の形はいろいろと手直しされたものだそうです。
 
 日本語情報が「フィボナッチ逆張り売買法」のみのため、実際に利用している日本のトレーダーは少ないと想像しています。また、インジケーターなどを表示させてみたことがある方でも、シグナルの書き換えなどが頻繁に発生するため、「使えん」とか「イマイチ」とかの評価になってしまっているようです。はっきり言いましょう。「使えん」(笑)ただしこれだけではということです。なんでもかんでもサイン通りにはいきません。一番の問題はエクステンションと言われるD点の延長です。ハーモニックパターンだけでそれを見極める方法は残念ながら見あたりません。Zupのテンプレートを見ればそれが今のところの結論なのでしょう。Zupの作者よりもこれを研究している人は少ないはずですから、そういうことなのだと思っています。よって、総合的なトレーディング技術の中で活かされると考えた方が妥当だと思います。
 
 一応、このパターンの勝率は、「フィボナッチ逆張り売買法」によれば70%とありますが、あまりにも大雑把すぎてどういう条件で70%なのか意味がわかりません。まあ、そういうあれこれはありますが、この本を読まずしてハーモニックトレードはわからないので、これからはじめてみようと思われる方は一読をお願いします。---らんなんレビューを見る

 このパターンの特徴は、AB=CDパターンにXAのつっかい棒を足した形になります。で、各辺の比率が、下図のようになったときにパターン成立となります。D点でポジションを持ちます。
 
強気のガートレー222(買いパターン)
ガートレー買いパターン
弱気のガートレー222(売りパターン)
ガートレー売りパターン

 ガートレー222の成立条件は、必ずAB=CDパターンが含まれていること、終点Dが基点Xを超えてはならないこと、CがAを超えてはならないこと。BもXを超えてはならないです。

 ガートレー222パターンを基本としてバタフライ、クラブ、バットなどのパターンも定義されています。

注意

 自分は、「フィボナッチ逆張り売買法」に基づいたトレード法とは若干異なります。今までの経験やトレードスタイルにあうようにアレンジしています。ハーモニックパターンをうまく利用するには根気はいると思います。すでに他のトレード方法で安定している方は振り回されるといけないので取り入れない方がよいかなと思います。

 初心者の方は、もろ逆張りとなるケースで、エクステンションに際限なくつきあっていてはダメです。必ず、あきらめるポイントだけは決めてトレードした方がよいです。これは、ハーモニックパターンに限ったことではありませんが。

 次回は、バタフライパターンを取り上げてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
Smiley


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ハーモニックトレード, ガートレー222, AB=CD, MT4インジケーター, エクステンション,

Sun2011.03.13

AB=CD変形パターン

強気の変形AB=CDパターン(買いパターン)
強気のABCD変形

 前回、対称形のAB=CDパターンについて記事にしましたが、今回はその変形です。ABの押しであるBCが0.618や0.786の押しになる時は、対称形のAB=CDパターンができやすいと言われており、それができる確率は40%だそうです。それに対して、0.382リトレイスメントなど浅い押しにとどまるときは、相場に勢いがあり、CDがABの1.272倍や1.618倍になりやすいと言われています。すでにこうなるとABとCDはイコールではないのですが、ハーモニックトレードでは変形AB=CDと定義されています。こういった対称にならないケースを考えたとき、単純にCDがABの何倍かで考えた方がわかりやすいです。それが一般的だと思いますし、後ほどご紹介したいと思っているMT4のフィボナッチエクスパンション(エクステンションのことをMT4ではそう呼びます)の使い方などもそう考えておいた方がわかりやすいです。

 で、前回ABとCDが同じ長さになる対称形AB=CDパターンを「ABのリトレイスメントであるC点からABと同じ長さ分延長された時点がD点」と説明しました。ABとCDが同じ長さですね。
変形パターンは、「ABのリトレイスメントであるC点からABの1.272倍や1.618倍延長した時点がD点」となります。CDはABのフィボナッチエクステンション倍ということになります。

 実際に観察していると、対称形が40%かと言われてもどうかなという感じです。さすがに実証は難しいです。また、0.382にとどまった場合というのもそんなに単純ではないとは思います。他の要素での検討は必要だと思います。
 
 AB=CDパターンもフィボナッチ比率がいろいろと使われるためパターンは何種類もできてしまいます。よって、諸々の理由からこれも計算はインジケーターに任せることにします。インジケーターがAB=CDだと言えばもうそれでいいです。(笑)
----インジ任せの理由についてはフィボナッチカテゴリ参照----

弱気の変形AB=CD(売りパターン)
弱気のABCD変形

 売りパターンはいつものようにまったく逆です。
 売り買いともにD点が利食いやポジションメイクに使われます。

 続く…


ブログランキングに参加しています。
Smiley


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ハーモニックパターン, AB=CD, リトレイスメント, エクステンション,

Fri2011.03.11

AB=CDパターン

『ようやくAB=CDにたどり着きました』

 AB=CDパターンとは、ABとCDが同じ長さの対称形を言います。図1の例はプライマリナンバーで構成された強気のAB=CDパターンで、理想的な強気AB=CDパターンと言われています。破線に2つずつ比率が書き込まれていますが、0.618は1.618と0.786は1.272と対になります。

 オレンジ色のラインは価格の動きです。Aが始点となり、Bまで下落。ABの戻しがBCとなり、CDはBCのエクステンションになっています。図2はリトレイスメント部分とエクステンション部分に分解した図です。

図1 対称形強気のAB=CD(買いパターン)
強気のABCD
図2 リトレイスメントとエクステンションに分解図
ABCD分割

 どこかで見た三角形ですね。ここであげたAB=CDパターンも分解すれば、フィボナッチリトレイスメントとエクステンションの組み合わせです。ハーモニックトレードの場合、リトレイスメントのC点で売るということにはならず、AB=CDが成立してD点で買いを検討することになります。
 
 ただ、後ほど述べますが、AB=CDには変形がありますので、今回の対称的なAB=CDは、「ABのリトレイスメントであるC点からABと同じ長さ分延長された時点がD点」と覚えた方がよいです。その方が一般的で、いろいろと都合よく理解できます。ここでは、これだけ覚えればOKです。

弱気のAB=CDはまったく逆です。(図3)
 
図3 対称形弱気のAB=CD(売りパターン)
弱気のABCD

 次回は、もう少しAB=CDについて掘り下げていきます。

 続く…

※フィボナッチリトレイスメントとエクステンションについては、フィボナッチカテゴリーをお読み下さい。



ブログランキングに参加しています。
Smiley


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
AB=CD, ハーモニックトレード, フィボナッチ, リトレイスメント, エクステンション,
豊富なバイナリーオプション! 24Option.com