Home>テクニカル分析(tag)  TotalPages1

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」10/1(日)夜8時〜。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Sun2013.04.07

テクニカルのあれこれ

お疲れ様です。いつもの釣り新聞風からちょっと感じを変えてみました。(笑)

「テクニカルのあれこれ」

移動平均線にはいろいろな計算方法がありますね。
例えば、SMAは単純移動平均、EMAは指数平滑平均と言われそれぞれ計算方法が違いますね。

EMAなどはその計算式を見れば明らかなように、使用するデータ量で変わってきてしまいます。

なので、プラットフォームや時間軸で大きくずれる可能性があるのがEMAです。そもそも業者さんによって終値などは違いますね。その上、内蔵するデータ量が違うと短期足などではかなりのズレが生じます。

そういったことも考慮しないと使い方によっては万人向きとは言い難いですね。

EMAにぴったり反応するなどということは下手をすると自分の環境だけの幻想かもしれませんよね。

DMAと言って単純移動平均線を何期間かずらすと言った移動平均線もありますね。

まあ、いろいろなテクニカルがありますが、それ自体に大きな意味があるものは少ないかもですね。あくまで、何を測りたいのか?これが明確であれば何を使ってもそんなに変わりはないと思いますし、使いこなすと言うことが大事になるのではないでしょうか。

また、そもそもテクニカル自体に厳密さを求めてもどうなんでしょうかね。

例えば、フィボナッチのプライマリナンバーに0.786リトレースメントってありますね。海外のインジケーターによっては、0.764だったりしますね。

で、これは0.786が正しいですと言ったところでそんな厳密なものでないことは明らかですよね。

本当にフィボナッチを使っていればそんなことに気がついて当たり前ですね。実際に使ったことがないと書籍などで概ね0.786が正しそうだというだけで、0.786が正しいですとやってしまうのがWEB情報だったりするのかなと。憶測ですが。

考えてみればわかりますよね。50ピプスのスイングの2%の差って何でしょうか?(0.786と0.764の差)

たったの1ピプスなんですよ。

こんなところに意味があるわけがないですよね。これまた業者さんによっても違うでしょうし。(笑)

でも、なかなか気がつかないのです。自分もこういった誤謬に気がつくのに多くの時間を費やしました。

テクニカルについてまとめたPDFは数万ページにもなりました。経済指標から、時間帯、移動平均、オシレーター、一目均衡表などのパフォーマンスが主でした。これらは、独自にデータベースを構築して数年間のパフォーマンスを調べるわけですね。特に経済指標については、世界400指標をまとめるのに大変なことでした。数人に校正もしてもらいました。間違ったデータを見ていたら何もならないと思い。

こんなことをやっていると、本当にばかばかしいことだらけだとわかってきます。もちろん、ここまでやらないとそれに気がつかない自分の才能の無さに本当にショックを受けました。また、ブログをやりはじめてみると何故か勝っている初心者ブログだらけ。

もう、本当に自分って下手すぎのアホすぎじゃないのかと。血の気が引きました本当に。

自分はやばい人だったと。(笑)

そんなどへたくそ経験から、初心者がまず知らなければならないテクニカルの基本とは何なのかとお伝えさせていただいている、らんなん流のテクニカル入門。
いや、与太話。(笑)

「テクニカルの真実」無料講習を4/28日〜30日ぐらいに開催しようと思っています。

しかしGWなのでどうでしょうかね。
うちのメンバーも乳毛脱毛のため北国に行かれる方も見えられますしみなさん予定がありますよね。
まあ、SNSの講習と兼ねているので参加者が少なくともOKかなとは思っています。
GWのご予定のない方はレジャー代わりにいいかも。結構楽しいと思います。(笑)

お申し込みは→こちら

■SNS4月メンバー募集中
SNS4月メンバーの初回講習は4月中旬を予定しています。今のところ20日、21日のいずれかと考えています。
いろいろと準備がありますから、パソコンが苦手な方の直前でのお申し込みは厳しいかと思います。
ご準備可能な方は、お早めにお願いしますね。

詳細は→こちら

■その他
3月成績などは、フィボナッチ&ハーモニックトレーディングにまとめておきました。
こうしてみると2月より若干悪かったですかね。

先週の成績はステップ移動も多くごたごたしていてそんなに冴えた感じはないですが、まあまあ、いつも通りぐらいですかね。

と言うことで、一週間お疲れ様でした。来週もよろしくお願いします。
ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

FX, テクニカル分析,

Wed2011.08.10

08/10 ユーロ円注目価格など

 おはようございます。FOMCの動きなどずっと観察していました。今日どうなるかはまったくもってわかりません。しかし、こういった相場での留意点はメルマガ配信しておきました。

 損切り、利食いなどなど

 今日もゾーンよりラインで見た方が良さそうです。ポイントポイントではしっかり反応していますし、1分足を見てもテクニカル的に「なんじゃそりゃ!」みたいな動きはないです。

 ただ、行き過ぎる感はかなりあります。オーバーシュートしやすいですし、オシレーターも過熱気味になりやすいですね。こういうときは、やはりしっかり支持抵抗線を割り出しておくことが大切だと思います。

 ここからトライアングル、フラッグなどで上放れみたいな事も誰しも想像するとは思いますが、動きを見極めてからの方がいいですね。

 ポイントポイントの反応を拾いながらやっていけばこんな相場でも大丈夫だと思います。損切りを早めにしておけばいくらでも取り戻せると思います。

 このところハーモのOne2Oneパターンがあまり効いていません。これも行き過ぎる感じがありますね。

 メルマガでも書きましたが、とにかく行き過ぎたところでの飛び乗りは避けた方がいいと思います。さっきまでの天にも昇る勢いからさっそく50ピプスも一直線下落です。

 ストップをしっかり入れて、冷静に対応していきましょう。

 今日は3Dフィボ画像はお休みですが気になる価格を。

ユーロ円
 110.42で押し目が入る可能性はあります。次は110.354のインナーフィボ76.4%になりますので、110.40-110.30が今日の第一ポイントですね。そこまで下がればですが。
 次は110.2-110.1も意識されると思います。

上で目立つのは、111.8-111.9ですね。現在の高値ももちろんフィボなので注意です。

 個人的にはちょっと今日は静観しようかなと思います。Proブログなどなど充実デーに当てたいなと。チャートは見てますので、どうなのこれというのがあったらメールでもください。お気軽に。

  ちょっと簡単ですがこんな感じでとりあえずで、よろしくです。



ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX1年生 - Genre:株式・投資・マネー

FX, テクニカル分析, ユーロドル, ユーロ円, フィボナッチ,

Sun2011.07.24

先週のユーロ円 テクニカル分析(通週配信チャート結果)

 先週は、チャート配信を始めてみたわけですが、ここでユーロ円で配信赤○マークの結果と○マークを使用したチャートパターンやフィボナッチを振替ってみましょう。来週のチャート分析のご参考になれば幸いです。

 まず、単純に赤丸で売買を行うのみの結果です。

 誰にでも同じで何も考えないルールでいきます。また普段自分がしていることとかけ離れていないものとします。


ルール


1)7/18日のユーロドル、ユーロ円の分析から7/19以降基本買いのみ(後で記事をアップします)
2)チャート下降時に赤丸マークが出現したらその足の確定を待って次の始値で買います。
3)チャート上昇時に赤丸マークが出現したら2度目のブレイクを買います。
4)ストップは20Pipsとします。(これは、Proブログでもユーロ円のストップ推奨値です)
5)利食いは次のマークが出現したら行います。

※3)のブレイクでの利食いは、実際には他の手仕舞い方法の方がよいです。
※先週は方向がはっきりしていたので実際に自分もほとんど買いしか行っていません。
※実際の自分のポジションとは参加できる時間帯なども含めて異なります。



 先週のユーロ円図
eurjpyw2.png


 どうでしょうか。単純なこんな方法でもプラスになりますね。7/21の二度目のブレイクでの買いなどはその他抵抗を利用してもっとよいところで利食いを行えたかもしれませんが、とりあえずルールは単純で、たられば無しで次ぎのマークで利食いするとしました。7/23Cですね。Cで再度ポジションを建て-20ピプスのストップをCの下に入れるとしています。実際は、ここでドテンしていますが、とりあえずそういうルール外のことはなしの仮定です。細かい操作とかピプスとかはあまり考えず単純にこの赤丸のパフォーマンスを理解していただければ幸いです。

 自分はルール3)を裁量で、ブレイクの押し目を買ったり、ブレイク前の予兆で仕込んだり、ブレイク後の利食いは、他の支持抵抗を利用したりします。また、様々なテクニカル分析と黄色い小さな○も利用しますので、実際のポジションとは異なります。

 しかし、見ているポイントや考え方は同じです。基本進行方向の押し目のみを買っていき、ブレイクしたら今度はそちらで考えていくなどはそのままです。

実際には

 実際には状況によって1度目のブレイクを狙いにいく事もありますし逆張り反転を狙うこともあります。こういったポイントはデイのポイントになりますので、ここでスキャルを行うのが最も楽です。何時間もポジションの心配をせずともこういったポイントでさっさと済ませるのは効率的だと思っています。また、お時間の限られている方は、赤丸で進行方向を読んで、黄色○を利用してもっと小さな波を拾っていくことも現実的な方法です。

 先週のように比較的動いている時は楽ですが、小さな揉み合いにはまる日ですとスキャルで確実に利食いしておけばよかったという日が来ます。


7/19〜20水平面


 工夫やお使いのテクニカルなどによっては、7/19〜20にかけての水平面のレンジを意識して、売りも行うなども可能だったと思います。こうして振り返ってみるともっと積極的に売り仕掛けをしてもよい局面でしたかね。まあ、無理をすることはありませんが、圧倒的にパイーンの方が少ないのが普通ですし、もう少ししっかり見極めてもよかったですね。結構、こういう振り返りは勉強になりますね。

プレッシャーでしたが…


 一週間どうなることかと思いましたが、ポイントポイントでしっかり機能し続けてくれて本当によかったです。こういったチャート分析は後で何とでも言えますが、リアルタイム配信だから分析の基準になっていることに相違ないことがおわかりいただけると思います。ポジションの根拠としてしっかり機能していることをご理解いただけたと思います。

まずは


 これらに、フィボナッチやチャートパターン、ハーモニックパターン、移動平均線、ラインアプローチ、オシレーターなどを組み合わせて、トレードの質を高めることをしていただければと思いますが、まずは、このリアルタイム○マークとフィボナッチ、トレンドラインだけでもチャートが相当立体的に見えてくると思いますので、たくさん観察してみてください。

相性のいいオリジナルボリンジャーバンド

 
 このマークはボリンジャーバンドや移動平均線などを参考にしているためボリンジャーバンドとの相性はいいはずです。ユーザーの方でボリンジャーバンドをお使いの方は当方のオリジナルボリンジャーバンドを差し上げますので、使ってみたい方は遠慮無く言ってください。すみませんサービスがバラバラしていて。まだ、まとまりが無いですね。(笑)ただ、せっかくなので勝ってもらいたいと思っています。もちろん利益の保証はできませんよ。

 次は、上昇の基点となった7/18の逆ヘッド&ショルダーズを実際どのように分析するのか見てみます。その後、7/23のCとフィボナッチリトレースメントを見ていきます。

 詳しくは→「らんなんのリアルタイムチャート配信」 MACやiPhoneでも見られます。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

ユーロ円, テクニカル分析,