Home>ボリンジャーバンド(tag)  TotalPages1

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習 フィボナッチ、テクニカルの真実 「テクニカルの真実」4/2夜8時〜です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Tue2011.03.01

魔術師達に学ぶFXトレード

プロ化する外国為替市場への普遍的テクニック






総 合 ★★★★
初心者★★★★
実践的★★★☆☆
「 魔術師達に学ぶFXトレード」
(頁)336ページ
(著)中原駿
(出)
定価 2,940円 (税込)

 
 「このビジネスで1年、3年、6年と長い間、悪戦苦闘している人たちがいます。また、「マーケットの魔術師」「新マーケットの魔術師」を読めば。利益を上げられるようになるまでに長い歳月を要したトレーダーがいることも分かっていただけるでしょう」
 「トレーダーは皆、もがき苦しんでいるのです。しかし、苦労し、努力し、骨の折れる仕事を経験した末に、ある日突然、何かが明らかになってくるのです。突然すべて、とても簡単に感じられるようになる…。信念を貫き、自信を失うことがなければ、いつかそのようなときが訪れます」
 「いいですか、いつか必ずそのときがきます。ただ、最初の3年に関していえば、毎年毎年首尾一貫して利益を上げ続けられるような人はほとんどいません」 ラシュキ 

「マーケットの魔術師に学ぶFXトレード」より

 筆者は、これを「自分のスタイルの発見」と言い、技法はひとつでもよいから経験値を高め試行錯誤しろと言っています。そして、いろいろなものを捨て去ったあとに残ったシンプルな体験をブレークスルーしたと表現しています。うーん、素晴らしい。

 第2章、第3章では、過去の成功した手法の数々を検証しては捨てるの繰り返しです。最初に読んだときは、まだ手法ばかり求めていた頃で、また煙に巻かれたと思いました。しかし、今読み返してみると具体的な提案も第4章にありましたね。(笑)こんな章は印象になかったのですが…。たぶん、当時重要さを感じられなかったのですね。個人的にADXやボリンジャーバンドにまたかといった時期でもあったと思います。読み返してみると自分がトレードに取り入れている乖離のことが書かれています。手法自体は全然違うのですが、その仕組みは同じです。また、短期線での使用を推奨しているところも筆者が相当検証しているとわかります。

 とにかく本質をついた言葉に溢れた書です。






ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
短期トレード, 心得・心理, 逆張り, ADX, オシレーター, ブレイクアウト, 平均への回帰, ボリンジャーバンド,

Thu2011.02.24

ボリンジャーバンド入門


「ボリンジャーバンド入門」
トレンドと内部構造が一目で判る!
絶好の売買タイミングを選択する便利な強力ツールを開発者本人が指南


総 合 ★★★☆☆
初心者★★★☆☆
実践的★★★☆☆
(頁)353ページ
(著)ジョン・ボリンジャー
(出)PanRolling
定価 6,090円 (税込)

 ボリンジャーバンドを知ると最初に刷り込まれるのが、±2σや±3σ内に何%が収まるという「レートの存在確率」。この刷り込みにより、「そこへ到達すれば反転するということね」といった安易な解釈になり、ボリンジャーバンド=逆張りの思い込みが完成。
 実際、「ボリンジャーバンドって何?」と初心者に聞かれれば、そこを持ち出すのが手っ取り早くインパクトがありますよね。「えー、90何パーセントも収まるの!」と食いつきがいいです。自分も「だったら勝てるんじゃないの」と思ったものです。
 で、そういう期待を込めて相場に挑むと何かイメージとは異なる価格の動き。確かにバンドの中に収まってはいるが、バンドの幅も広がってるし。(笑)まあ、世の中そんなに甘くはないと。ただ、一度使い出すとチャートの方向感やボラティリティが一目でわかるため外すわけにもいかない。とりあえず付けとけと。
 
 ボリンジャーバンドとの出会いはこんな感じだったと思います。

 その後とりあえず付けておいたボリンジャーバンドですが、スクイーズ、エクスパンション、ヘッドフェイクなどの言葉を知り、これはちゃんと勉強した方がよいのかなと思い、「ボリンジャーバンド入門」を購入しました。当時、ネット上の情報では、スローストキャスティクスやRSIの計算式も何通りもあり何を信じてよいのかわからないというのがありましたし、開発者本人の著作なら間違いないだろうと。

(経験を積むと計算式がどうとかはあまり関係がないとわかるのですが、初心者の頃は正しい情報があり正しい情報を得、正しく勉強すれば勝てるものだと思っていたので)

 現在では、相場の大勢を見るのに価格がどの位置にあるのかを確認することと、エントリーのタイミング時にチェックしています。こういうバンド系のテクニカルは、そこそこにしてつきあうというのがコツのような気がします。よくわかりませんが。(笑)

 とても勉強にはなる本なので、読んでおいて損はないのかなと思います。


出来高
 海外投資家の著作では、出来高というパラメータがもれなくついてきます。ボリンジャーバンドも出来高とあわせて使用するよう説いています。MT4などのボリュームレシオとはちょっと違うと思いますし、FXトレーダーとしては、そこは無かったことにして読むのが普通です。


相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み
本書は『Stock Trader's Almanac 2002』誌でイヤーズ・トップ・インベストメント・ブックスに選ばれました


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ボリンジャーバンド, 出来高,