Home>リトレイスメント(tag)  TotalPages6next

Sun2011.03.13

AB=CD変形パターン

強気の変形AB=CDパターン(買いパターン)
強気のABCD変形

 前回、対称形のAB=CDパターンについて記事にしましたが、今回はその変形です。ABの押しであるBCが0.618や0.786の押しになる時は、対称形のAB=CDパターンができやすいと言われており、それができる確率は40%だそうです。それに対して、0.382リトレイスメントなど浅い押しにとどまるときは、相場に勢いがあり、CDがABの1.272倍や1.618倍になりやすいと言われています。すでにこうなるとABとCDはイコールではないのですが、ハーモニックトレードでは変形AB=CDと定義されています。こういった対称にならないケースを考えたとき、単純にCDがABの何倍かで考えた方がわかりやすいです。それが一般的だと思いますし、後ほどご紹介したいと思っているMT4のフィボナッチエクスパンション(エクステンションのことをMT4ではそう呼びます)の使い方などもそう考えておいた方がわかりやすいです。

 で、前回ABとCDが同じ長さになる対称形AB=CDパターンを「ABのリトレイスメントであるC点からABと同じ長さ分延長された時点がD点」と説明しました。ABとCDが同じ長さですね。
変形パターンは、「ABのリトレイスメントであるC点からABの1.272倍や1.618倍延長した時点がD点」となります。CDはABのフィボナッチエクステンション倍ということになります。

 実際に観察していると、対称形が40%かと言われてもどうかなという感じです。さすがに実証は難しいです。また、0.382にとどまった場合というのもそんなに単純ではないとは思います。他の要素での検討は必要だと思います。
 
 AB=CDパターンもフィボナッチ比率がいろいろと使われるためパターンは何種類もできてしまいます。よって、諸々の理由からこれも計算はインジケーターに任せることにします。インジケーターがAB=CDだと言えばもうそれでいいです。(笑)
----インジ任せの理由についてはフィボナッチカテゴリ参照----

弱気の変形AB=CD(売りパターン)
弱気のABCD変形

 売りパターンはいつものようにまったく逆です。
 売り買いともにD点が利食いやポジションメイクに使われます。

 続く…


ハーモニックパターン, AB=CD, リトレイスメント, エクステンション,