Home>リミット(tag)  TotalPages1

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」11/26(日)夜8時〜。詳しくは→こちら

※ご自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Sat2011.06.18

放置の条件

 放置の条件は、自分なりにあるので、少しふれると。

 ユーロドル、ユーロ円など、15Pipsi〜20Pips前後が15分のTRにあたると思います。TRというのは何度も登場していますが、これは、 ロウソク足一本のレンジと考えていただいて結構です。で、この15〜20pips最初に利益を乗せるのに15分以内を想定するわけですが、ここを突破して乗せていけるかどうかは、ジグザグに動いているので常にポイントになってきますね。

 この初動についてどう考えるのかが、トレードのスタイルを分けているような気がします。たぶんそこの成功体験なりトラウマなりが、トレードのスタイルを作ると思います。ほとんど適当な話なので真に受けないでね。

 自分の場合、基本的にはこの初動と次の支持抵抗などでほとんど利食いしてしまいますが、明らかによい壁でポジションがとれたときや、考える間もなく有利な展開になった時だけ、何割か放置します。デイの転換点になるかもという時だけですね。後は、チャートパターンと流動性などから、次の展開を絞れそうな時ですね。これも、建値には戻りにくいと思える時だけです。ようは、建値に戻ってしまうとうまみがないからです。なので、一定量利食いはするけれど、利食い位置から少しぐらいしか逆行しないと思える時にのみそうします。(実際のストップは建値でも)まあ、勘や冴えはありますよね間違いなく。(笑)全てが思い通りにいくときは、やっぱり見落としがないものです。
 
 何度も書いてますが、半分利食いの効用はありますが、勝つとき半分、負けるときマックスにならないようにするには、相当の技術がいると思います。初心者の方に最初からそういうやり方はおすすめはできないと思っています。あくまで、それが有利かどうかの判断ができるようになるまでは、普通にやった方がいいですね。仕掛けや手法のパフォーマンスもわかりにくいですしね。ただ、どこかにそう書いてあったからとか鵜呑みはまずいかなと思います。

 関連記事 半分利食い、安易な安心を買っていないか初心者は考えた方がいい 手仕舞い考(7)

 あー、そう言えば、一時、金額かピプスかってのを方々で見かけましたね。それは両方大事だと思いますが、疑問もありますので、またネタにします。


 


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

初心者, ストップ, リミット, TR, ユーロドル, ユーロ円,