Home>動画配信(tag)  TotalPages2next

Thu2011.07.07

7/6ユーロ 配信したチャートの解説など

 配信動画解説

 ポルトガルの格下げ等々、リスク回避につながるニュースが多かったようですね。

 今日のトレードですが、1度売って終わり。コンフルエンスなポイントで戻り売りがかかり、そのまま、いろいろなポイントを突破していきましたね。

 ちょっと不規則睡眠、ビデオのゴタゴタなどなどで、ちゃんとトレードができていないですが、図の2回目の赤矢印でようやく売って、15Pipで利確しておきました。それぐらいなら時間帯的にギリギリいけいるかなと思ったので。ここからは、早朝からの調整に入る何パターンかがあると思うので、まあ、放置はせずさくっと。

 少し配信動画のキャプチャーを説明してみますね。矢印と×は書き加えています。もちろん、実際の取引チャートでは、いろいろなオブジェクトを表示しています。今度配信をおこなったときの○の使い方といった感じでご参考までに。

 本来なら、最初の赤矢印周辺が最も確実な売りチャンスですね。これは、全然結果論ではないです。ビデオ配信を見ていた人は赤い○が発生したのがわかったと思います。そしていろいろな条件が重なっているコンフルエンスなポイントでした。今日はここが一番のポイントでしょうね。

 黄色矢印は、このあたりまで戻りがあれば売りたいなと考えていた周辺です。ちょっと今日は短い足も見ていられなかったので、大雑把に。スラストが起こると、5Mあたりは見ないと途中からのトレードは無理ですよね。なので、30Mチャートだけでという感じで大雑把に考えていたところです。

om110707-1.png


 ちょっと自分も心配していたのですが、このシグナル、3Level_ZZ_Semaforなるインジと○を発生させるところが似ているため同一のものとの誤解を与えてしまったかもしれません。○はわかりやすいかと思って適当に選んだだけです。(笑)全く異なるオリジナルのインジケーターです。3Level_ZZ_Semaforの方はリペイントして後で見ると反転を捉えているように見えますが、こちらは、リペイントしません。あくまで、経験上反応があるポイントをオリジナルのロジックで計算しています。終値が確定するまでは動きます。基本確定して考えますが、途中重要なオブジェクトがあれば、確定前に出動するケースも多いです。

 おさらい。○が発生したら、少なからず反転などの反応に注意します。初心者の方はデイトレンドに逆らった逆張りはしない方がよいでしょう。○ポイントをブレイクしたらそちらの方向で今度はポジションを考えていきます。基本、押し戻りです。赤○の場合をより重要なポイントとして見ています。実際には、様々なテクニカルポイントやオシレーターの状況と照らし合わせますのでこれだけでトレードをするわけではありません。が、これらのポイントはスキャルピングの仕掛けを考えるにはとても良いポイントとなるはずです。デイの転換点にかかわりのあるポイントは表示していませんが、これらがポイントになることも十分あります。

 これは方向ではなく、ポイントを指し示していると考えてください。ご利用は自己責任で。

 今後の配信

 2度目からは、動画は途切れることなく配信できたようです。今後はこれも取り入れたいなと思っていますが、諸処問題発生しています。サーバの方では動かない事が判明。今日は、自宅のパソコンを割り当てていましたが、それはいろいろ差し支えるので、そこ何か考えないといけませんね。まだいろいろ練らないといけないようです。一度問い合わせなどもしてみます。

 Pro版報告
 
 リモートデスクトップやVCNなどの方法はとても快適ですね。当然画質もそのままですし、MACやiPhoneでもMT4が見られます。まだ、疑問に思うことも多く、未解決問題も多いので試用中ですが。

 さすがにこれは危なくて不特定多数は無理ですけどね。

 でも、この方法ですとインジを配ったりセッティングしなくてもいけるかもしれませんし、サービスにバリエーションができる可能性がありますよね。チャートだけ見られればいいというユーザーとかに別提供できるとか。パソコンの台数が少ないユーザーなんかにもいいですよね。まあ、一台ですと画面が増えるわけではありませんが、MT4はチャートやインジを増やすと重いですしね。同じ画面を見ながら説明したりとかテスト的にやっていますが、ほんと非常にいいです。もっと使いこなしたいですね。


Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

スキャルピング, 初心者, MetaTrader4, ユーロドル, 動画配信,