Home>平均への回帰(tag)  TotalPages1

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」お集まり次第で調整中。詳しくは→こちら

※ご自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Tue2011.03.01

魔術師達に学ぶFXトレード

プロ化する外国為替市場への普遍的テクニック






総 合 ★★★★
初心者★★★★
実践的★★★☆☆
「 魔術師達に学ぶFXトレード」
(頁)336ページ
(著)中原駿
(出)
定価 2,940円 (税込)

 
 「このビジネスで1年、3年、6年と長い間、悪戦苦闘している人たちがいます。また、「マーケットの魔術師」「新マーケットの魔術師」を読めば。利益を上げられるようになるまでに長い歳月を要したトレーダーがいることも分かっていただけるでしょう」
 「トレーダーは皆、もがき苦しんでいるのです。しかし、苦労し、努力し、骨の折れる仕事を経験した末に、ある日突然、何かが明らかになってくるのです。突然すべて、とても簡単に感じられるようになる…。信念を貫き、自信を失うことがなければ、いつかそのようなときが訪れます」
 「いいですか、いつか必ずそのときがきます。ただ、最初の3年に関していえば、毎年毎年首尾一貫して利益を上げ続けられるような人はほとんどいません」 ラシュキ 

「マーケットの魔術師に学ぶFXトレード」より

 筆者は、これを「自分のスタイルの発見」と言い、技法はひとつでもよいから経験値を高め試行錯誤しろと言っています。そして、いろいろなものを捨て去ったあとに残ったシンプルな体験をブレークスルーしたと表現しています。うーん、素晴らしい。

 第2章、第3章では、過去の成功した手法の数々を検証しては捨てるの繰り返しです。最初に読んだときは、まだ手法ばかり求めていた頃で、また煙に巻かれたと思いました。しかし、今読み返してみると具体的な提案も第4章にありましたね。(笑)こんな章は印象になかったのですが…。たぶん、当時重要さを感じられなかったのですね。個人的にADXやボリンジャーバンドにまたかといった時期でもあったと思います。読み返してみると自分がトレードに取り入れている乖離のことが書かれています。手法自体は全然違うのですが、その仕組みは同じです。また、短期線での使用を推奨しているところも筆者が相当検証しているとわかります。

 とにかく本質をついた言葉に溢れた書です。






ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
短期トレード, 心得・心理, 逆張り, ADX, オシレーター, ブレイクアウト, 平均への回帰, ボリンジャーバンド,

Mon2011.02.28

コナーズの短期売買入門

激変するトレードの常識
ストップは置くな!
オーバーナイトで儲けろ!





総 合 ★★★★
初心者★★★☆☆
実践的★★★★★
「 コナーズの短期売買入門」
(頁)146ページ
(著)ローレンス・A・コナーズ
(出)PanRolling
定価 5,040円 (税込)


マコウィッツ 脱落した何千人という者たちに共通する、たったひとつの性質とは何か知ってるか?
コナーズ   何かな?
マコウィッツ みんな途中でやめてしまったということだ。
「 コナーズの短期売買入門」より

 このジャンル比較的古い本が多く、最新のトレンドは一体どうなっているのか期待して楽しみにしていた本です。「激変するトレードの常識」「ストップは置くな」とか何と刺激的なのでしょうか。
 
 内容はと言うと、FXの記述は皆無ですが、たぶんFXにおいても実践的だと思います。理にかなっています。ただし、「ストップは置くな」に関しては、いまひとつ言いたいことがわかりません。また、通貨の場合は「知らん」と言ってます。(笑)逆張りと言うよりは、日足の押し目戻り売り戦略です。


累積RCI
 この本に登場する聞き慣れない累積RSIというオシレーター。(期待させるのは滅茶苦茶うまい)さっそく作って検証してみましたが、短期のRCIとほとんど変わらないです。本の中では無邪気に究極の指標のように騒いでいますが、これはちょっといただけません。そこは確認できたと思うのですが…。このテクニカルがダメだとは思いません。というかRCIなのでそれは有効でしょう。ただ、ほぼ一緒なのがなーということです。とは言え、理にかなった仕掛けや手仕舞いの情報が満載です。著者も語っているように、工夫次第でいろいろと発展させられるのではないでしょうか。

オシレーター比較の記事でRCIと比較した画像が見られます。

あわせて読むとよい本
「 ローソク足パターンの傾向分析」

 この本は、システムトレードの大会優勝者が書いた本ということですが、この本のデータ傾向と「コナーズの短期売買入門」で推奨されている方法はおおむね一致するのではないかなと。けっして、コナーズはホラ吹きではありません。(笑)





ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
逆張り, RSI, RCI, オシレーター, 平均への回帰,

Tue2011.02.15

移動平均乖離率(2)平均への回帰

移動平均乖離率(2)

平均への回帰

 移動平均乖離率は、「平均への回帰」を利用した逆張り発想のテクニカル分析といえます。偏った結果は、次に平均に近くなるといった考え方ですね。行きすぎたものは戻るというイメージです。これは確かにほとんどの場合はよくあてはまるのですが、相場では、行きすぎの行きすぎみたいな事が度々起こるためドデカクやられるのもこの手のテクニカルの特徴です。いずれ戻るはずといった思い込みが、「もうしません、今回だけ許して」といった神様お願いトレードにつながっていきます。で、もうダメと損切りした途端に平均への回帰が始まります。(笑)
 
 有名なLTCMの破綻などもそういったパターンを含んでいたと記憶しています。ほとんどは回帰するというのが味噌なんですね。たまにそうならない時にどのように対処するのかなどは考えておかないとまずいです。これをうまく利用して天底をつかまえてやろうといのも実際には難しいのではないかと思います。

 次回は、池辺雪子氏の長短RSIの乖離について思うところを書いてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
移動平均乖離率, 逆張り, MACD, オブジェクティブメソッド, 平均への回帰,