Home>AB=CD(tag)  TotalPages5next

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習 フィボナッチ、テクニカルの真実 「テクニカルの真実」4/2夜8時〜です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Thu2011.04.14

初心者はデイトレンドの内部構造を分析したほうがいい(6)

 さきほどアップした真夜中のAB=CDパターン。ここで、言えることを書いておこう。このタイトルと深く関係していると思うので。

 この時、最初のハーモニックのシグナルで買いを行ったが、もしかしたら一回早いかなとか考えた。気がついたときは少しタイミングも怪しくなっていた。ただ、この時間帯にここらは底だという判断があったので、スキャル的には少なからず反転があると思い仕掛けた。先ほど書いたように、少し逆行するも反転したわけだが、この逆行が10Pips弱。このときは15Pipsぐらいまでは我慢しようと思った。というのは、やはり、ここらが底だから。(笑)
 
 それで、反転するも、チキン利確する。これは、もう寝ないといけないし、一気にここから一直線もないと思ったから。正直利確したポイントよりもそこそこ上がってしまい、ここを上抜けたらさすがに後悔すると思いチャートを閉じたというわけだ。この器の小ささを克服するには、忘れることも必要だ。(笑)

 このときのハーモニックのシグナルは、結果的には、朝から上昇に転じているし、見ていればとてもよいポイントだったとは思う。ただ、このシグナルを利用していても、最初のパターン形成で仕掛けた人はここで損切りしている可能性はあるのかなと思う。直近安値を更新しているし、方向感の無さから怖くなってとか。

(と書いていると、ちょっとユーロドル売ってみた。1.45118。いい加減になってるし不味いかな。ストップ激浅で売ってみる価値はあるからいいか。ちょっとプラス方向に行ってるのでストップ1.45159。さらにストップ建値に移動。うーん、ここで利確すれば大人の日当ぐらいはあるな。ロンドンオープンでどうなるか。ま、放置してみるか。脱線)

で、何が関係あるのかと言いますと、

(あー利確したい。利確した。大人の日当10分程度。げげやっぱ行くのか?)

同じシグナルを利用しても、入るタイミングが少し違うだけで、かたや損切り、かたや利益。ハーモニックにしてもそういうタイミングが勝敗をわけるのが真実ではないだろうか。

(お、ロンドンオープンで1分足強めの陽線。売り直すならここか。でもやめとこ。様子もわからないし)

 で、そういうタイミングを掴むには、総合的な判断がいるのかなと。それをするには膨大な観察とか検証とか必要で、そのためには徹底的に24時間を研究した方がいいのではということね。

 ちょっとそわそわしてきたので、とりあえずアップ。(トレードしないって言ってるのにダメじゃん)




ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ハーモニックトレード, AB=CD, 初心者, スキャルピング, デイトレード,

Thu2011.04.14

4/14ユーロドル真夜中のAB=CDパターン

 今週は、ニュースを思うように見られないから自重と書いている。しかし、チャートは監視。で、4/14真夜中のハーモニックパターンについポジる。ハーモニックパターンだけでトレードしないことは何度も書いているが、昨夜のニューヨークオープン前からの下落を眺めながら、コメント返ししたりもろもろしていると、怪しい逆張りポイントまで価格が落ちている。ハーモニックパターンが出現しており、どうかなと思いつつ、我慢できず買い!(笑)

 ポジションとるも、ここで一気に上昇はないはなと、たぶん中途半端。また、ニュースも見ていないので今何がおこってどうなっているのかがわからない。ちょっとタイミングが悪かったので、少し逆行。ただ、ここはびびって早く損切りする場面ではないので、ぐっと我慢。案の定反転。チキン利確。(笑)当然、上に行ってしまうのだが、しばらくすると上昇も怪しい雰囲気。このあたりでチャート閉じる。

 お昼ごろチャートを立ち上げてみると、その後、下落したようだが、ハーモのよくある上昇パターンで上昇している。ここからのことはこの段階でわかるわけもないので当然静観。あせらず記事でも更新しよう。


0414ハーモニック

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ハーモニックトレード, 初心者, スキャルピング, AB=CD,

Sat2011.04.02

ガートレー222パターン

 久しぶりにこのカテゴリーを更新です。ようやくガートレー222パターン。ハーモニックトレードの第1回でご紹介させていただいたように、このパターンは、1935年に出版されたH・M・ガートレー著の「プロフィット・イン・ザ・ストック・マーケット」の222ページに掲載されていたことからこう呼ばれるようになったようです。現在の形はいろいろと手直しされたものだそうです。
 
 日本語情報が「フィボナッチ逆張り売買法」のみのため、実際に利用している日本のトレーダーは少ないと想像しています。また、インジケーターなどを表示させてみたことがある方でも、シグナルの書き換えなどが頻繁に発生するため、「使えん」とか「イマイチ」とかの評価になってしまっているようです。はっきり言いましょう。「使えん」(笑)ただしこれだけではということです。なんでもかんでもサイン通りにはいきません。一番の問題はエクステンションと言われるD点の延長です。ハーモニックパターンだけでそれを見極める方法は残念ながら見あたりません。Zupのテンプレートを見ればそれが今のところの結論なのでしょう。Zupの作者よりもこれを研究している人は少ないはずですから、そういうことなのだと思っています。よって、総合的なトレーディング技術の中で活かされると考えた方が妥当だと思います。
 
 一応、このパターンの勝率は、「フィボナッチ逆張り売買法」によれば70%とありますが、あまりにも大雑把すぎてどういう条件で70%なのか意味がわかりません。まあ、そういうあれこれはありますが、この本を読まずしてハーモニックトレードはわからないので、これからはじめてみようと思われる方は一読をお願いします。---らんなんレビューを見る

 このパターンの特徴は、AB=CDパターンにXAのつっかい棒を足した形になります。で、各辺の比率が、下図のようになったときにパターン成立となります。D点でポジションを持ちます。
 
強気のガートレー222(買いパターン)
ガートレー買いパターン
弱気のガートレー222(売りパターン)
ガートレー売りパターン

 ガートレー222の成立条件は、必ずAB=CDパターンが含まれていること、終点Dが基点Xを超えてはならないこと、CがAを超えてはならないこと。BもXを超えてはならないです。

 ガートレー222パターンを基本としてバタフライ、クラブ、バットなどのパターンも定義されています。

注意

 自分は、「フィボナッチ逆張り売買法」に基づいたトレード法とは若干異なります。今までの経験やトレードスタイルにあうようにアレンジしています。ハーモニックパターンをうまく利用するには根気はいると思います。すでに他のトレード方法で安定している方は振り回されるといけないので取り入れない方がよいかなと思います。

 初心者の方は、もろ逆張りとなるケースで、エクステンションに際限なくつきあっていてはダメです。必ず、あきらめるポイントだけは決めてトレードした方がよいです。これは、ハーモニックパターンに限ったことではありませんが。

 次回は、バタフライパターンを取り上げてみたいと思います。


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ハーモニックトレード, ガートレー222, AB=CD, MT4インジケーター, エクステンション,