Home>テクニカル分析(category)  TotalPages21next

Sun2013.04.07

テクニカルのあれこれ

お疲れ様です。いつもの釣り新聞風からちょっと感じを変えてみました。(笑)

「テクニカルのあれこれ」

移動平均線にはいろいろな計算方法がありますね。
例えば、SMAは単純移動平均、EMAは指数平滑平均と言われそれぞれ計算方法が違いますね。

EMAなどはその計算式を見れば明らかなように、使用するデータ量で変わってきてしまいます。

なので、プラットフォームや時間軸で大きくずれる可能性があるのがEMAです。そもそも業者さんによって終値などは違いますね。その上、内蔵するデータ量が違うと短期足などではかなりのズレが生じます。

そういったことも考慮しないと使い方によっては万人向きとは言い難いですね。

EMAにぴったり反応するなどということは下手をすると自分の環境だけの幻想かもしれませんよね。

DMAと言って単純移動平均線を何期間かずらすと言った移動平均線もありますね。

まあ、いろいろなテクニカルがありますが、それ自体に大きな意味があるものは少ないかもですね。あくまで、何を測りたいのか?これが明確であれば何を使ってもそんなに変わりはないと思いますし、使いこなすと言うことが大事になるのではないでしょうか。

また、そもそもテクニカル自体に厳密さを求めてもどうなんでしょうかね。

例えば、フィボナッチのプライマリナンバーに0.786リトレースメントってありますね。海外のインジケーターによっては、0.764だったりしますね。

で、これは0.786が正しいですと言ったところでそんな厳密なものでないことは明らかですよね。

本当にフィボナッチを使っていればそんなことに気がついて当たり前ですね。実際に使ったことがないと書籍などで概ね0.786が正しそうだというだけで、0.786が正しいですとやってしまうのがWEB情報だったりするのかなと。憶測ですが。

考えてみればわかりますよね。50ピプスのスイングの2%の差って何でしょうか?(0.786と0.764の差)

たったの1ピプスなんですよ。

こんなところに意味があるわけがないですよね。これまた業者さんによっても違うでしょうし。(笑)

でも、なかなか気がつかないのです。自分もこういった誤謬に気がつくのに多くの時間を費やしました。

テクニカルについてまとめたPDFは数万ページにもなりました。経済指標から、時間帯、移動平均、オシレーター、一目均衡表などのパフォーマンスが主でした。これらは、独自にデータベースを構築して数年間のパフォーマンスを調べるわけですね。特に経済指標については、世界400指標をまとめるのに大変なことでした。数人に校正もしてもらいました。間違ったデータを見ていたら何もならないと思い。

こんなことをやっていると、本当にばかばかしいことだらけだとわかってきます。もちろん、ここまでやらないとそれに気がつかない自分の才能の無さに本当にショックを受けました。また、ブログをやりはじめてみると何故か勝っている初心者ブログだらけ。

もう、本当に自分って下手すぎのアホすぎじゃないのかと。血の気が引きました本当に。

自分はやばい人だったと。(笑)

そんなどへたくそ経験から、初心者がまず知らなければならないテクニカルの基本とは何なのかとお伝えさせていただいている、らんなん流のテクニカル入門。
いや、与太話。(笑)

「テクニカルの真実」無料講習を4/28日〜30日ぐらいに開催しようと思っています。

しかしGWなのでどうでしょうかね。
うちのメンバーも乳毛脱毛のため北国に行かれる方も見えられますしみなさん予定がありますよね。
まあ、SNSの講習と兼ねているので参加者が少なくともOKかなとは思っています。
GWのご予定のない方はレジャー代わりにいいかも。結構楽しいと思います。(笑)

お申し込みは→こちら

■SNS4月メンバー募集中
SNS4月メンバーの初回講習は4月中旬を予定しています。今のところ20日、21日のいずれかと考えています。
いろいろと準備がありますから、パソコンが苦手な方の直前でのお申し込みは厳しいかと思います。
ご準備可能な方は、お早めにお願いしますね。

詳細は→こちら

■その他
3月成績などは、フィボナッチ&ハーモニックトレーディングにまとめておきました。
こうしてみると2月より若干悪かったですかね。

先週の成績はステップ移動も多くごたごたしていてそんなに冴えた感じはないですが、まあまあ、いつも通りぐらいですかね。

と言うことで、一週間お疲れ様でした。来週もよろしくお願いします。

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

FX, テクニカル分析,