Home>FX お薦め・レビュー(category)  TotalPages3next

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」お集まり次第で調整中。詳しくは→こちら

※ご自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Thu2011.03.03

ディナポリレベルで正確なサポートとレジスタンスラインがわかる

「ディナポリレベルで正確なサポートとレジスタンスラインがわかる」

 パンローリング社のセミナーDVDですが、これを見るならまず「ディナポリの秘数」という書籍を読んだ方がいいと思います。もちろんディナポリの手法に興味がある場合です。DVDの方はちょっと収録時間が短く消化不良な感じがします。楽しみにしていたのに少し残念な気持ちになりました。しかし、DVDの作りが悪すぎます。これだけよい本をたくさん出版しているのにもったいないですね。

書籍「ディナポリの秘数」のレビューはこちら


ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ディナポリ,

Wed2011.03.02

ロウソク足パターンの傾向分析




総 合 ★★★☆☆
初心者★★☆☆☆
実践的★★★☆☆
「 ローソク足パターンの傾向分析」
(頁)400ページ
(著)伊本晃輝
(出)PanRolling
定価 2,940円 (税込)

 システムトレードの大会優勝者がチャートの通説を統計解析した本です。自分は、こういった統計的な裏付けのある本が好きです。裁量系やアイデア系の本も多く読みますし、それはそれでヒントも多いのですが、優位性が数字で明らかならばそれにこしたことはないのかなと。

 淡々とデータについて語られるだけですが、通説とデータの違いなど新しい発見があります。相場心理とロウソク足にあらわれるパターンについての本は多いですが、さらにデータの裏付けがあるところがよいです。
 
 これがこのままFXに通用するかと言えばそこまではわかりません。また、短期裁量トレードでどこまで役に立つかも判断が難しいところです。短期では、目を見張るような即効性はないと思いますし、そういうことを求めている方向きではないと思います。こつこつとデータを確認していきたい人向けではないかなと。自分が読んだロウソク足本の中では一番よいと思っています。





ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
ロウソク足,

Tue2011.03.01

魔術師達に学ぶFXトレード

プロ化する外国為替市場への普遍的テクニック






総 合 ★★★★
初心者★★★★
実践的★★★☆☆
「 魔術師達に学ぶFXトレード」
(頁)336ページ
(著)中原駿
(出)
定価 2,940円 (税込)

 
 「このビジネスで1年、3年、6年と長い間、悪戦苦闘している人たちがいます。また、「マーケットの魔術師」「新マーケットの魔術師」を読めば。利益を上げられるようになるまでに長い歳月を要したトレーダーがいることも分かっていただけるでしょう」
 「トレーダーは皆、もがき苦しんでいるのです。しかし、苦労し、努力し、骨の折れる仕事を経験した末に、ある日突然、何かが明らかになってくるのです。突然すべて、とても簡単に感じられるようになる…。信念を貫き、自信を失うことがなければ、いつかそのようなときが訪れます」
 「いいですか、いつか必ずそのときがきます。ただ、最初の3年に関していえば、毎年毎年首尾一貫して利益を上げ続けられるような人はほとんどいません」 ラシュキ 

「マーケットの魔術師に学ぶFXトレード」より

 筆者は、これを「自分のスタイルの発見」と言い、技法はひとつでもよいから経験値を高め試行錯誤しろと言っています。そして、いろいろなものを捨て去ったあとに残ったシンプルな体験をブレークスルーしたと表現しています。うーん、素晴らしい。

 第2章、第3章では、過去の成功した手法の数々を検証しては捨てるの繰り返しです。最初に読んだときは、まだ手法ばかり求めていた頃で、また煙に巻かれたと思いました。しかし、今読み返してみると具体的な提案も第4章にありましたね。(笑)こんな章は印象になかったのですが…。たぶん、当時重要さを感じられなかったのですね。個人的にADXやボリンジャーバンドにまたかといった時期でもあったと思います。読み返してみると自分がトレードに取り入れている乖離のことが書かれています。手法自体は全然違うのですが、その仕組みは同じです。また、短期線での使用を推奨しているところも筆者が相当検証しているとわかります。

 とにかく本質をついた言葉に溢れた書です。






ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
短期トレード, 心得・心理, 逆張り, ADX, オシレーター, ブレイクアウト, 平均への回帰, ボリンジャーバンド,