Home>トレードスキル(category)  TotalPages16next

Sun2011.06.26

一度ついてしまった癖は手強い

 以前、コメントか何かで書いたのですが、初心者と一緒に丸1日自宅でトレードをしたことがあります。タイミングだけを教えて、初心者はただそれだけを言われた通りにやっているだけで、25連勝とかしてました。自分は確か7回ぐらいトレード。ようは、初心者がタイミングだけでエントリーしたものが25回あって、自分はそのタイミングにいろいろな分析を加えてフィルターをかけたのが7回だったって事ですね。この時は、アジア時間からで、たぶん自分は夕方から傾きが出たところを中心にという感じだったでしょうか。(ちょっと記憶曖昧)

 自分には、余計なことを覚えるから初心者は勝てないのじゃないかという疑念があったので、この日はとりあえず短い足のタイミングだけでずっとやってもらってました。1000通貨だしね。まったく中長期の分析とかクソ食らえで、タイミングだけで勝ちを重ねていくのを見ているとやはりこういうことは無視できないなと思いました。知らぬが仏ってことですね。こういうところにもトレードの大きなヒントはあると思います。

  自分自身多くのことを考えすぎて、新しいことを覚えるたびにパフォーマンスが落ちるみたいなことを繰り返してきました。もちろん、その中からものにできたものが残っていったわけですが…。そういう自分の経験やこういった初心者トレードを見て感じるのは、必要でないものは覚えない方がいいかもということですね。中途半端な理解や効果という状態で一度インプットされると、迷う材料が増えるだけじゃないかと思います。で、それはなかなか払拭できない癖みたいなものをつけていくような気がします。

 ちょっとアドバイスをさせていただく機会があるといつも思うのが、こういったインプットが弊害になっているなということです。忘れられない味とか、もう染みついちゃってるみたいなことですね。例えば飛びつき癖がある人って、やっちゃダメだってわかっていてやっちゃう。もう習性になっちゃてます。まさにダボハゼ状態。反省してもうやらないと決めるのだけど、何度も目の前をルアーが通ると我慢できなくなって飛びつくニジマス状態。

 一度こういう癖がついてしまうと、釣られないで生き残る賢い魚になるのは並大抵ではないですね。もう、習性なんですから。(笑)こういうこと以外にも何かが癖になっている。薄利で決済する癖、何でも逆張りする癖、ナンピン癖、損切りできずに耐える癖、こういうのも癖になりやすいですね。変に効果があったりするので。(笑)

 いらぬ知識ばかり肥大化して、へんな習性までついている。世も末状態の人におすすめしたいのが、うまくいっていた事を思い出して半端な知識は捨ててシンプルな目で見るということかなと思います。自分は調子を落とした時は、極一部のスキルだけに絞って他を遮断してとかよくやります。

 必要以上の検証や覚えすぎには注意しましょう。一度ついてしまった癖やイメージはなかなか手強いと思います。

※アドバイス-----もちろんすべて無料でしてきましたし有料情報勧誘、口座開設勧誘などしたことはございません。応援クリックはお願いしました。(爆)←久々出たね応援クリック話。

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

初心者, FX, スキャルピング,