Home>プライベート(category)  TotalPages10next

Mon2016.11.14

書かずにはいられない3

■久々の遠征

n.png


おわかり頂けただろうか?
楽譜に起こすのはとても難しいが、概ねこんな感じか。
何者かが、エコロケーションを行っているのか、宇宙と交信しているのか。
虫と会話中?
余りのノイズに、まったく寝付けない。
そう、これはT氏から発せられる強烈な就寝中の騒音なのだ。
いびき、歯ぎしり、エコロケーションと多彩なノイズを奏でるT氏。

釣りの度に、T氏と寝起きを共にする身にとって、最大の悩みがこのノイズだ。

もちろん、齢を重ねれば就寝中の騒音はつきものだ。
それはお互い様だろう。
しかし、問題は、先に寝たもの勝ちってところなのだ。

寝付きについては、本人曰く、バラエティ番組でやっていた早寝選手権を見て、勝てると思ったという強者だ(呆れるしかない)。
実際、世界選手権でも勝てるぐらい早いだろう。
片や自分は、顔がデスマスク化するまで疲労困憊にならないと寝られない寝付きの悪さ。

釣りに出かけて、朝マズメを向かえるまで、少しでも車内で寝ておこうとか、遠征で1泊しますなんて時は、常にこれとの戦いだ。
必ず先に寝てしまうT氏はいつもスヤスヤ爆睡、こちらは騒音で大概寝付けず、朝マズメは一睡もできずに立ち向かうことになりがちだ。
これが、体力的に辛すぎる。

本人によると、家族は耳栓をして寝ているらしいので、
自分も耳栓を使用することにしてみたが、まったく効果無し(笑)。
なんだろう、耳穴を塞げばいいってものじゃない。
頭蓋骨に響いてくるというか(笑)。

で、遠征宿泊の場合は同部屋ではなく、別部屋にしたいと思うようになったのだが、意外と二人以上でないと空き部屋がないのだ。釣り目的の場合、天候を見ての直前予約になってしまうというのもあるが、なんとT氏は海鮮が食べられず、肉もパサパサの脂無しじゃないとダメ、内蔵系ダメなど、好き嫌いが多すぎる(笑)。カレーかハンバーグか天ぷらしか食べられない的な(笑)。
これでは、せっかくの地元の海鮮とかガン無視で、極端に宿探しも限られる。
そこは、気にせずにと言われるが、気にするに決まっておろうが!!(怒)

しかし、別部屋にも問題がある。自分ときたら、一人で部屋に泊まるのが恐ろしく、それだけで寝付けない病なのだ。
霊的な体質なのだろうか?
何故か、恐ろしい想像が頭を駆け巡る。
もう、絵とかあるとその裏にお札がないかと気になって仕方が無い。
霊的な体質な割に、一度もそういった類いは見たこともなく、虫の知らせもないのはどういうことかわからないが(笑)。
あ、因みに、今年はコンビニのくじ引きで、飲料水5、6回当てている。自販機の当たりは1回。
一度に3本当てた時など、「こんな人は見たことがない」とレジのおばちゃんに言われた(笑)。
「いや、あんたがくじをかき混ぜてなかっただけちゃうの?」
「どんな仕事もちゃんとした方がいい」
などと思いながらも悪い気はしなかった(笑)。

で、そんなこんなで、究極の選択を迫られていたわけだ。
騒音も恐怖もどちらも眠れないが、あえてどちらかを選ぶなら、恐怖を選びたいと思うようになっていた。
かなり追い詰められている状態と言えよう。
そこで、今回思い切って一人で部屋を独占してみたが、この部屋のベッドの配置が異常に恐ろしい(笑)。なんだかわからないが落ち着かない(笑)。

※問題の部屋
b.png

で、結局、恐怖でなかなか寝付けず体力を消耗。
竿は折るわ、一匹も釣れないわ!!の散々な遠征となってしまった。
この先どうすればいいのか途方にくれている。

書かずにはいられない2
書かずにはいられない呪いの手袋