Home>2011年06月  TotalPages14next

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」7月9日(日)夜8時〜確定です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Thu2011.06.30

6/29〜6/30ユーロ

 昨日ユーロ。ギリシャ議会が緊縮財政策を可決。

 1人反対票を投じたと伝わると2分で100Pipsの乱高下。
 
 時間がはっきりわかりませんでしたし、結局一日中様子見になっちゃいました。

 一応、投票がはじまったということが伝わって、普段使わない口座なども複数立ち上げチャンスをうかがいましたが、ビビってやめました。常識的に考えてこの押し目はいかないとダメですよね。そこまでうまく待てたのに。いざそこまでくると、無理することもないかと思っちゃいました。よくわからんしとか急に冷めた目で。(爆)この後どうなるかは知りませんし考えません。明日になればまた何かがわかるでしょう。お疲れ様でした。
ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

FX, ギリシャ緊縮財政策, ユーロ,

Wed2011.06.29

30日東京仲値ド変態検証 6/28〜6/29ユーロドルなど

 ユーロドルさすがに動きませんね。ユーロ円1Hのガートレーですけど、ユーロ円見てなかったです。ちょっと手を出す気にはなれませんね。

 昨日のユーロドルは自分的には難しかったです。ポイントがわからないというより、ピンポイントを逃すとうーんてなっちゃう感じでした。一回だけ売りましたが、20Pipsぐらい乗ったポジションを放置して入浴中に建値に戻ってましたね。売りの深追いはダメだねと読者にメールしていましたが、すぐに利が乗ったので、もしかしてお風呂から出たら爆下げみたいな。あまりにも退屈だったのでそういうことしてみました。今となっては、その一回だけだったので悔やまれます。情けなく思っております。上もいつ止まるかわかりませんし、ポイントで反応するところでサクッとがいいと思っていたのにこれです。ギリシャのデフォルト懸念後退といっても何かを思いこむよりその方がいいと思っています。ただ、ベースにはなったりしますし、ファンダ的材料が強いとテクニカルが平均に収束しにくかったり、明らかに平均的な動きを上回ったりするので、平均回帰を利用しているテクニカルトレーダーには強い材料は注意が必要ですね。(強い材料となれば)

 テクニカルトレーダーと言ってもいろいろなタイプがあって、ブレイクアウトやトレンドフォローを狙っているトレーダーにとっては、強い材料でトレンドが出れば、テクニカルはよく効いているとなるでしょうし、平均回帰に重きを置いているトレーダーにとっては、テクニカルは効きにくいとなると思います。もちろんうまく使い分けするのが技術だと思いますが、なかなかそんなに簡単にはいかないですよね。個人的には落ち着いて欲しいです。

 テクニカルは前にも書いた通り、ただのコミュニケーションツールだと思っています。そういう使い方しかわからないです。自分には目の前のテクニカルに従うしか術がないのでテクニカルを使用しています。付け焼き刃でファンダは自分には無理だと思っています。

 東京仲値ド変態検証は、K.I.S.Sトレーディングの方に書いておきましたので、興味のある方はそちらをお読み下さい。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX1年生 - Genre:株式・投資・マネー

FX, 東京仲値,

Wed2011.06.29

6月29日 経済指標データ過去の傾向

17:30 (英) 5月消費者信用残高 (英) 5月マネーサプライ
(ポンド円)
(英)消費者信用残高

ひとこと:マネーサプライの方がデータ的には動くが、小売売上高などとの組み合わせ時に動いているように見える。この二つの組み合わせであればだいたい上図パターンでいいかも。

18:00 (ユーロ圏) 6月消費者信頼感

ひとこと:そんなに。

18:30 (スイス) 6月KOF先行指数

ひとこと:過去100Pips以上動いたこともありますが、この指標の影響ではないような気が…。30Pips以上は10%ぐらい。

20:00 (加) 5月消費者物価指数 (加) カナダ銀行CPIコア

ひとこと:カナダ消費者物価指数は、ユーロには普通影響はないです。カナダ銀行CPIコアとの同時発表時は、若干動きやすくなると言う感じです。ボラティリティの拡大率は144%と動かないわけではありません。30Pis以上動く割合は15%ぐらいです。

23:00 (米) 5月中古住宅販売成約

(ユーロ円)
中古住宅販売成約

ひとこと:ちょっとデータ数が少なくてこの指標に関してはなんともわかりません。一応データ図をアップしておきます。

※これらはあくまで過去の傾向であり、どのような指標でも突発的に動くということはありますので、十分ご注意ください。当方では何の責任もとれません。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Theme:FX(外国為替証拠金取引) - Genre:株式・投資・マネー

FX, 経済指標, , (英)消費者信用残高, (英)マネーサプライ, (スイス)KOF先行指数, (ユーロ圏)消費者信頼感, (加)消費者物価指数, (加)カナダ銀行CPIコア, (米)中古住宅販売成約,