Homeオブジェクティブメソッド>初心者はデイトレンドの内部構造を分析したほうがいい(1)

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」7月9日(日)夜8時〜確定です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Wed2011.04.13

初心者はデイトレンドの内部構造を分析したほうがいい(1)

 暇だから書きます。

 最近、受けた質問で、「短期的に下降トレンドが出ている日でも何故買い戦略なのか?」というのがあります。こういう人は鋭いなと思います。

 今の状況を見ると、比較的中長期なら押し目待ちの買い戦略というのはあると思うのですが、超短期のスキャルでは、デイトレンドが全てなので、また違った見方が必要になります。スキャル教科書通りなら、せいぜい1時間足、4時間足を長期トレンドとみることが多いようで、その方向にポジションをたてるというのが一般的なのかなと。で、質問をしてくる人というのは、らんなん矛盾してないかということだと思うのです。もちろん悪意のある内容ではなくて素朴に疑問ということですよ。

 そこで、ちょっとこの質問の真意を整理してみると。

 1)普段、「中長期の方向があっていてもスキャルでは負けるなど日常茶飯事」的なことを言っているのに短期トレンドにも従っていないのでは?
 2)スキャル教科書的に言えば戻り売りの日に何故買い戦略なのか?
 3)しかも、昨日の記事ではニュースも参考程度(これは勝手に自分で付け足しました)

 こういう疑問はもっともだと思います。らんなんでたらめでしょと。(笑)

 本人でたらめではないつもりですが、確かに山勘です。(笑)
 
 これは、自分なりに徹底的にデイトレンドの内部構造を研究し観察した上でのことですが。まあ、自分なりですからしれていますよ。

 ただ、初心者スキャラーにおすすめしたいのは、手法探しよりもそういう検証なのかなと。そうすると、単に1時間足で下降トレンドだから戻り売り一本みたいなことではなくなるような気がします。結果、どっちでもよかったとか、教科書通りの方がよかったとかあっても、リスクでいえば同じような気はしますし、バリエーションが増えるということはそれだけチャンスも多いということにつながります。

 特にサラリーマンの人などは、やれる時間が限られていますし、まずは手法探しよりもそこに時間をかけたほうが近道みたいなところはあるように思います。ま、なかなか主婦トレーダーには勝てないとは思いますが。(笑)勝っている主婦トレーダーの共通点は「賢明」なのかなと思います。また、驚くほど研究熱心。競馬新聞片手に、またすっちゃったアハハ的な延長ではまず勝てないですよね。経済観念とか直感力も差があるわけですし。それ以上に努力が必要ですよね。ありゃー、また脱線してきた。

 で、そこがある程度つかめてくると、無駄なポジションは減りますし、勝負所もわかるようになると思うのです。勝負どころ、これは勘もありますが、デイトレンドの内部構造と大きくかかわりがあると思うのですよ。それがわからないと逆張りしても損切り多発の可能性もあるわけですし、ずるずるとストップ移動などということも発生しやすいですよね。スキャルの場合はトレンド転換を狙った逆張りと、利食いのタイミングを見計らった逆張りがあるとは思いますが、そういう使い分けとかにも、24時間を研究する価値があるのではないのかなと。
 
 文章がゲロ長すぎるので分けます。いつも?(笑)

 PS 外為どっとコムさんから書類が来ない。他のところはすぐ来るのに。

 続く…
関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
スキャルピング, 初心者,

COMMENT

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/117-096da795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)