Home移動平均乖離率>移動平均乖離率(6)実例

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」10/1(日)夜8時〜。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Wed2011.02.23

移動平均乖離率(6)実例

移動平均乖離率(6)実例
 
 下図は、オブジェクティブメソッドの説明で使用しているチャート画像を拡大したものです。今回は、この図を使って乖離がどのように影響しているか見てみます。前回の心得などもあわせてお読み下さい。

移動平均乖離率


 下部サブウィンドウが乖離率です。白横破線が、まあまあ乖離がついたよという目安のライン、赤横破線までいくとかなり強い乖離と見ます。チャートから引っ張っている赤い縦線は乖離と対応させるために引いてあります。

では、説明です。

■乖離直後にエントリーしない!(心得6)

・番号5はダウンスラストが発生している一日です。(オブジェクティブメソッドの記事もご参考に)この日下降中に何度かまあまあな乖離をつけています。乖離をつけた足では安値の更新が起こっていますが、その直後に20〜30Pipsの戻しを食らっています。もし、安値ブレイクでポジションをとっていれば、下降トレンド中に売っているにもかかわらず、いきなり含み損もしくは損切り。

・翌日の番号6では、前日安値ブレイク。またしても乖離で反転。今度は支持線とも重なり大きく反転しています。ここで、ブレイクアウトとばかりに売っていれば、その日世界で一番安いところで売るというパターン。その後、ある程度上昇したところで乖離をつけて一服し、抵抗線で反転。番号8まで同じようなことを繰り返しています。

 このように、乖離は、利食いが入るポイントになりやすく、順方向に新たにポジションを建てるタイミングとしてはよいとは言えません。方向があっているにもかかわらず失敗というのは一番痛いです。自分は、順方向に建てるときは必ず乖離がおさまるか、戻り売りのできるポイントまで引きつけるよう心がけています。

■乖離をつけるということはそもそも勢いがある(心得1)

・番号8の後、レベル3の抵抗線をブレイク。その時、強い乖離をつけています。これは、結局、押さずにそのまま行ってしまっています。心得6で押しを待っていると置いてけぼりのケースですが、いままで破れなかった抵抗線を破ったということはやはり大きいです。ただ自分としては、このようなケースでも一端乖離が収まってからブレイクアウトの方向にポジションを建てることが多いです。と言うのは、やはりリアルタイムでその場その場で最良の選択をするのは難しいためです。押すこともあれば押さないこともある。押さないときは仕方ないといった考え方も必要じゃないかと思います。

 相場の状況、支持抵抗線、オシレーターなどを確認してトータルで考えないと乖離は使えませんが、かなり有効なテクニカルであることは間違いありません。うまくトレードに取り入れられると無駄なポジションは減るのではないかと思います。

 続く…

関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
移動平均乖離率, オブジェクティブメソッド,

COMMENT

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/23-a6eca17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)