Homeハーモニックパターン>タイトなストップを置けるバット(こうもり)パターン

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」7月9日(日)夜8時〜確定です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Thu2011.12.15

タイトなストップを置けるバット(こうもり)パターン

 ハーモニック バットパターン

 弱気バット(こうもり)パターン。リトレイスメントパターンです。最もタイトなストップロスが置けるパターンなので出現したらチャンスですね。

 バットがまったく認識されずようやくバグ発見で認識されました。また、Dの上についにPRZを出せるようになりました。もちろん、まったくチェックができていませんが、何とか。

 PRZとは、フィボナッチレベルが集中する場所ですね。そういう場所はハーモニックトレーダーやフィボナッチトレーダーはクラスタと呼びます。

 ディナポリはコンフルエンスと呼びます。どっちでもいいです。

 で、そういった場所で十分吟味してストップの位置を決めますが、バットパターンはストップが最も近いパターンです。見えにくいですが、小さなオレンジ色の四角がありますね。これがPRZです。

 PRZ自体は厳密な計算式があるわけではないと思います。ようするに普通こうだろうという場所で大丈夫です。

 また、フィボナッチだけを見て決めるわけでもありませんので、あくまでフィボナッチ的な潜在的反転可能性ゾーンと言うことになります。

 弱気バットのModパターンです。Modパターンというのは改変されたバットです。完璧なハーモニックパターンを待っているといつまでたってもトレードできないので、これも許容範囲があります。

 チェックポイントは書ききれないぐらいありますが、その殆どに対応しています。

 Kor程度のマッチングがやはり丁度いいように思います。Korはじめどのソフトも設定を変えることはできますが、変えたところで何が変わったのかわからないとあまり意味がないかなとは思います。

 しかし、あらためて思うのはKorの良さですね。うーん、勝てなさそう。(爆)まあ、路線が違いますからOKかなと。日本人にとってどっちがフィボやハーモを理解できるかと言えば断然こっちになるつもりです!

 などなど四方山話。

 
関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
フィボナッチ, ハーモニックトレード, バット,

COMMENT

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/475-c5505ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)