Homeフィボナッチ>フィボナッチここまでまとめ

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」7月9日(日)夜8時〜確定です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Wed2011.03.09

フィボナッチここまでまとめ

 
 ハーモニックトレードをはじめると、見慣れない比率にとまどい、フィボナッチが複雑に感じてしまいます。そういった方は、次のようにフィボナッチを理解するといいです。

1)フィボナッチと一言で言っても、フィボナッチ数列とそこから導き出されたフィボナッチ比率がある。
2)単純に数列に含まれている数字も比率もフィボナッチナンバーと言われる。
3)フィボナッチ比率の方は、いろいろな算出方があり、フィボナッチ比率の平方根なども使われバリエーションが複雑。
4)とは言え、その中からマーケットでよく利用される比率はだいたい決まっている。
5)ハーモニックトレードでは、使われる比率が少し違いバリエーションが多い。
6)数列の方は、移動平均線の期間やテクニカルの期間に使用されたりする。
7)比率の方は、押し戻りの目安(リトレイスメント)や利益目標(ターゲット、エクステンション)、テクニカルの判定(何パーセント以上とか)などに使われる。

 トレードで使用する場合、こんな感じでとらえておけばよいのかなと思います。
 
 ついでに、前回までのフィボナッチについて、簡単にまとめると。

・フィボナッチは自然界や様々なサイクルに現れる不思議な数字。
・現在では、様々なマーケットでこの不思議な数字が利用されている。
・どのようなテクニカルも明確な根拠があるわけではないので、フィボナッチだけが特別オカルトじみているわけではない。
・ハーモニックトレードで使用するフィボナッチ比率は若干違う。

 今回は、とりあえずここまでの整理でした。

 次回から、基本となるリトレースメントやエクステンションについてまとめていこうと思います。

 続く…



関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
フィボナッチ, ハーモニックトレード, リトレイスメント, エクステンション,

COMMENT

フィボナッチがテクニカル判定に利用されている事を初めて知りました。
具体的にはどの様な利用のされ方をするのですか?

+Re: タイトルなし

Akiさんこんにちは
えーと、はいはいインジとかのテクニカル判定?
っていうやつですかね。
そうですね、たとえば、ストキャス80%を買われすぎとかありますよね?
あれを76.4%とかにしたりですね。
計算式の内部に利用されることや、比率が使われる計算であえてフィボナッチ比率を使用するとか
いろいろありますね。自分のものでも使っていますが、実際そのほうが良い場合だけですね。
そういうことでしたか?

有難うございました。

+Re: タイトルなし

Akiさん
はい了解です。

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/55-f268e950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)