Homeフィボナッチ>フィボナッチリトレイスメント

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」7月9日(日)夜8時〜確定です。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Wed2011.03.09

フィボナッチリトレイスメント

『押しや戻りのポイントを表すフィボナッチリトレイスメント』
 
 まずは、フィボナッチのリトレイスメントについて進めたいと思います。フィボナッチリトレイスメントとは、フィボナッチ比率に基づいた押しや戻りのポイントのことです。日本でも、半値戻し(フィボナッチ0.500リトレイスメント)や全値戻し(フィボナッチ1.000リトレイスメント)などの言葉がありますが、そういった戻しのポイントをフィボナッチ比率を使って表したのがフィボナッチリトレイスメントとなります。フィボナッチ比率が1.000より大きくなるとフィボナッチエクステンション(延長---エクスパンション、プロジェクションなども同じ意味で使われている)と言われます。
 
 とりあえず、最も一般的であると言われる0.618リトレイスメントの図です。この三角形がハーモニックパターンのベースとなります。いろいろな比率のリトレイスメントとエクステンションの三角形が組み合わさって、ハーモニックパターンを生成していきますので、この一番単純な図を理解する必要があります。今後ご紹介するリトレイスメントやエクステンションの図は、全てXが始点となります。下の図のBullish 0.618 RetracementですとXからAまで上昇し、XAの61.8%にあたるBまで押したということになります。単純にリトレイスメントのみで言えば、Bは押し目買いのポイントとなります。逆に右側のBearish0.618 Retracementの方は、XからAまで下落し、XAの61.8%上昇の戻りをみせたことになります。Bは戻り売りのポイントになります。


0.618リトレイスメント
リトレイスメント0681

 Bullishは強気、Bearishは弱気と表現されます。これは、以前お伝えした通り売り買い逆にしただけのことになります。Bullishは買いパターン、Bearishは売りパターンと思っていただければよいです。

 続く…



関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
フィボナッチ, リトレイスメント, ハーモニックトレード, Bullish, Bearish,

COMMENT

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/58-f15d0514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)