Homeオブジェクティブメソッド>相場の状況を把握する

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」9月開催予定。詳しくは→こちら

※自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Fri2011.02.04

相場の状況を把握する

■オブジェクティブメソッド(2)

 相場の状況を把握する1
 
 チャート図に「トレンドデイ」「ディストリビューション」「アキュムレーション」などの用語が書き込んでありますが、これらは相場の大局的な状況を示す用語です。「トレンドデイ」とは一日中一方向に相場が動いた日のことを表し、「ディストリビューション」は高値圏での調整局面やレンジ、「アキュムレーション」は安値圏での調整局面やレンジを表しています。どうということはないのですが、こういった用語で何日かのチャートの状況を括っていくと全体像がつかみやすくなります。また、こういった用語で括れない状況は、とてもわかりにくい相場だと言えます。自分は、はじめに必ずこういった局面を分類する作業を行い、オブジェクトをチェックし一日のプランを立てています。

チャート図再掲

チャート図

番号1 レベル2で支持され、レベル3ブレイクのトレンドデイ(アップスラスト)
番号2 ディストリビューション局面
番号3 ディストリビューションからレベル3を上方ブレイク
番号4 ヘッドアンドショルダーズ形成
番号5 レベル3ブレイクのトレンドデイ(ダウンスラスト)
番号6〜番号8 三度の底入れ アキュムレーション局面 レベル3をブレイクできず何度か反転を繰り返す
(番号6 セリングクライマックスと戻り高値)
(番号8 レベル3を下方ブレイク)
番号9 レベル3上方ブレイクのトレンドデイ

※スラスト 急降下や急上昇を表す

 複雑なチャートもこう整理するとわかりやすくないですか?いつもこうなると言うわけではありませんが、非常に似通ったパターンは何度も登場します。何度かこういったチャート仕訳をおこなっていると次に起こる事のヒントをつかめるようになるとは思います。過去のチャートならあれこれ言えてもリアルタイムでは想像力を働かすしかありませんのでなんらかの訓練は必要かなと思います。自分は、当てずっぽうより少しはましになったような気がします。まあ、その程度ですが。(笑)

 キモとなる支持抵抗線は、通常ディストリビューションの安値やアキュムレーションの高値を利用すればよいと思います。どのようなラインを利用してもブレイクのダマシは発生するので大差はないかと。フィボナッチやピボットなどいろいろラインを引きまくれば相性のよいラインがきっと見つかると思います。


 続く…

関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
オブジェクティブメソッド,

COMMENT

+管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/7-4f7705d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)