Home損切り・利確(ストップ・リミット)>裁量トレードで損切り利確の適正値を探るには 手仕舞考(3)

最新情報などピックアップ

重要!!当ブログのタイトルを記事タイトルとして大量に投稿しているブログがあります。また、本サイトとfibonacci.jp(フィボナッチ&ハーモニックトレーディング)以外のアドレスのサイトは当サイトとはまったく関わりがありません。モバゲー、ツイッターやフェイスブックなど他メディアでの活動もしていません。ツイッターは記事タイトルを投稿しているだけになります。当サイトと関係があるかのごとく当メンバーIDを文字列に含むメールアドレスを使用しているサイトもございます(当然、現在は変更していると思われます)。表面的に盗用したり、体裁や文脈を似せていますので、ご注意ください。評価サイトでも酷評されていますが、当サイトとは関わりがありません。

無料講習「テクニカルの真実」お集まり次第で調整中。詳しくは→こちら

※ご自宅から受講できるネットワーク講習です。特別なご準備は必要ありません。
プロブログで学ぶ裁量技術「FXObjectiveMethodPro」
楽しく安心して学べるFXオブジェクティブメソッドのSNS

現在、MT4インジケーターの口座開設特典などによる配布は行っておりません。ご注意ください。

Sat2011.03.19

裁量トレードで損切り利確の適正値を探るには 手仕舞考(3)

 前回、EAなどの検証から、手仕舞い戦略がトレードの収支に多大な影響を与えることをお伝えしましたが、裁量トレードでその適正値を探るにはどうすればよいのでしょうか。
 
 手法とセットでそれを手に入れられている方は別として、試行錯誤しつつ悩んでおられる方も多いと思います。自分は、その適正値を把握しないといけないと思いながらも、曖昧に過ごしてしまった時期が長かったです。ただ、それではいつまでたっても同じ事の繰り返しだなと一念発起し、下図のような検証をおこなうようにしました。なんだそんなことかということですが、まずは、図をご覧下さい。

裁量トレードをMT4にプロット
裁量トレードプロット図


 このチャート図は、MT4チャートに他業者の取引データを取り込んだものです。(実際の取引データではありません適当なものです)

最大順行幅 白文字カッコ書き 例(21.4)
 ポジションを持ってから最大の含み益を表します。
最大逆行幅 ピンク文字カッコ書き 例(-7.0)
 ポジションを持ってからの最大含み損を表します。
損益
 青文字は、ポジションから手仕舞いまでの実現利益、または損失です。 例 14.8

青矢印は買いを仕掛けたところ
赤矢印は売りを仕掛けたところ
黄色い★は手仕舞ったところ
赤い破線は仕掛けから手仕舞いまでを結んだライン
真ん中のオレンジラインは移動平均線--これは適当に入れました。ボリバンでも何でも普段使用しているテクニカルを想像してください。
下段のサブウィンドウはストキャス---これも適当ですが、普段使っているオシレーターなどを想像して下さい。

 なんということはないのですが、裁量トレードの場合、もはやこのように検証するしかありません。お使いのチャートを印刷して書き込んでいけば相当効果があると思います。自分のポジションがどれぐらい逆行するのか、利食いは早すぎないか遅すぎないか、何でオシレーターが売られすぎのところで売っているのかとか、やはり飛び乗らず押しを待たなければいけないなとか。負けた日のひどいトレードも一目瞭然ですし、勝ってもこれではダメだとか、とにかくいろいろな事がわかります。順行や逆行幅を知るだけでなく、仕掛けの大切さもわかるようになります。---特に短期売買は仕掛けと密接な関係がある参照
 
 初心者のうちからこういった分析はしたほうがよいのかなと思います。是非、騙されたと思って何日かのトレードを分析してみてください。ただ単に過去チャートを遡のぼって眺めるだけでは見えてこないいろいろが見えてきます。うーん、それにしてもこんな事までしないとダメなんだろうか…。少し疑問。
 
 次回はこの図をもう少し掘り下げて見てみます。

 続く…


関連記事

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
FX, 初心者, 損切り, 利確,

COMMENT

らんなんさんこんばんは(=゜ω゜)ノ

FX歴の浅い僕は、「損切り利確の適正値を図る方法」を探るなんて発想自体ありませんでした。今回の記事も大変勉強になりました。

・・・しかし、こんなに熱量を必要とする事を、さらっと書かれるなんて・・・らんなんさんの苦労の一端を垣間見た気がしました(汗)

ありがとうございますm( __ __ )m

+鋭い

こうきさんこんばんは。
まったく、鋭い。何でこんなに苦労しないといけないのか。自分がセンスがないと思えるのは、普通そこまでやらないでも勝てるようになるのではないかと。そういう疑いは常にあります。(笑)
このブログもいろいろなところに登録したり努力もしてみてるのですが、そんなに効果ないところが同じ。(笑)
でも、ブログ村のデイトレ派人気記事ランキングで前の記事が3位とかになってました。これは何か嬉しい。
MT4初心者の方にMT4の使い方とかもいろいろやらないといけませんね。インジケーターもご要望があればダウンロードとかできるようにしたいと思っています。記事つくろ。

私はFX歴1年半で、全く勝ててませんが
これくらいのことは、みんな自然にやっていることだと思ってました@@;
土日で週のトレードを振り返って、どうすれば良くなるか考えて、来週から勝てる気になって、次の週もコテンパンにやられる(笑)を繰り返してますw
好きでやってるので、苦労と思ったことはないなあ。。

+ちこさんへ

ちこさんご無事で何よりです。
 簡単に勝てる的な情報を目にすると、最短距離があるならそれにこしたことはないと心から思います。皮肉ではなくて。ただ、自分にはそれに巡りあう機会も運もなかったです。もしかしたら巡り会っていたのかもしれませんが、継続もできませんでした。自分で努力するしかないなと。で、このブログをやりはじめて同じような人もいるのだなと知りました。そういう人は実際どれくらいの割合なのかはわかりません。
 ちこさんのコメントでふと気がついたのですが、90%は退場すると言われるこの世界、もしかしてすでに退場してしまった人が本来の読者?初心者にもあたりまえのことしか書いていないのか…。ニーズもわからず恐ろしくなってきました。(笑)ま、まだ二ヶ月もたっていないブログそこは大目にお願いします!

※自分は今でも楽して勝ちたいです。

+ちこさんへ

ちこさんは 初めましてこうきといいます(コメントでやり取りなんて初体験で、ルール違反でないか心配ですが(汗))

文面から、僕へこれくらは当たり前にやったほうがいいよ的な応援ではないかと察しました。(もしそうであるなら奥ゆかしさが察せられます(/ω\))
もちろん、週末の検証は徹底的にやってます。内容は他ブログだったり口座開設レポートからのものです。
今回の記事など(他記事含め)僕にはとても有用な情報で目新しくあるのです。
僕の検索スキルを4ヶ月フルに使っても、らんなんさんの言われたものと同一なものがないのです。
推測ですが、ちこさんとらんなんさんは、業者のFX講習会などに参加されていませんか?
あつかましいお願いですが、もしよろしければ、更なる情報をいただけませんでしょうか?
どうぞよろしくお願いしますm( __ __ )m

+おはようございます

こうきさんおはようございます。
このブログの情報は、自分が本当に試行錯誤し日頃考えていることや実践していることを書いているだけです。業者さんのセミナーはおろか、ブログで質問したこともありません。自分の先生はパンローリング本ですが、FXでそのまま使えるものはまずないです。そこからさらに試行錯誤や実践が必要になると思います。でも、ヒントは満載です。それだけで自分はありがたかったです。無料レポートは当然として、高額商材でもパン本以下がほとんどだと思います。だからといって全てそうかといえばそうではないと思います。それに巡り会うのが運や縁かなと。運のない自分は努力するしかないというだけです。(笑)もちろん、早道があるならそれにこしたことはないです。楽できるならそれがいいです。研究が目的ではないのですから。長くなりそうなので、細かいことはメールします。(笑)

+こうきさんへ

講習会などには参加したことありませんねー
らんなんさんと同じで、勉強は本が主です。

+ちこさんへ

ちこさんへ
何かこれどうなのとか気になる本ありますか?もしくは、これはいいとか。よかったら教えて下さい。手持ちであれば書評などアップしたいと思います。
この値動きではトレードはできないです。疲れました。

今気になってるのは「ディナポリの秘数」と、タレブの「まぐれ」です。

あと、相場の本ではないけど、専業のトレーダーさんが絶賛してて、
羽生善治の「決断力」も読んでみようと思ってます。

+Re: タイトルなし

ちこさんこんばんは。
 タレブの「まぐれ」は読んでいませんが、たぶんそんなことのような気はしています。「マネーの公理」という本がありますが、もっと簡単ですが同じようなことが書かれています。このブログでもラリーウィリアムスのことをどこかでふれましたが、正直、最初は運が大切と書きました。(笑)少し語弊がありますが、彼が相場に参加する時期が少しちがっていたらその成功はなかったかもしれません。もちろん、運良く生き残ったことで対処法を身につけていったと自分は考えています。なので生き残ることがとにかく大切なのかなと。きっかけは運。(笑)10中8,9勝てるところでその時に限ってというのも運はあると思います。ただ、「ロジカルトレーダー」という本などもそうですが、そういう意見に否定的な人たちも多いです。あきらかにランダムでない瞬間がありそこには優位性が存在すると。一応、運は絶対あるけど、全てではないというスタンスでやってます。
 ディナポリは、自分はとてもためになりました。特にチャートの形が明らかになるタイミングをフェイラーと呼び、それは大衆が失敗したときだというような記述があります。こういうのは本当に手法探しより参考になります。DVDはほんとダメです。(笑)
 自分がこのブログで本当に今推薦できるのは移動平均の乖離です。これは、何よりも速攻で効果があると思います。ちこさんの手法とあわせてそれを一度観察してみてください。
 羽生善治さんの「決断力」はわかりません。でも、相場も人生も全て選択する力だとは思います。価値が相対的な世界では、力強く選択する力が必要なのだと思いますし、それは全て自己責任です。まったく自分にはありませんが。(笑)すみませんこれは適当です。

+ちこさんへ^^

ちこさんお返事ありがとうございます。
僕もいくつか書籍に目を通してきたつもりですが、まだまだですね。
更に研鑽に努めます。m( __ __ )m

誹謗中傷・セールス・宣伝目的等と判断させていただいたコメントは削除させていただいております。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://fxobj.blog.fc2.com/tb.php/91-46c346e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)